• ¥250

発行者による作品情報

競馬界は、利権に群がる亡者の巣窟と化した。

崩壊するJRA帝国の全貌を記す!


【内容】

◆妖怪の跳梁する競馬界――まえがきに代えて

第一章 JRAと馬主

◆巨人・JRAが日本競馬を支配する

◆馬主ビジネスの実態

◆カネとコネがモノをいう

◆臓器移植組織に裏金を献金

◆長続きしなかった賞金天国時代

◆日本馬主協会連合会による抵抗

◆殺し文句で馬主を籠絡

◆馬主優遇の異常な制度

◆カネの行方は藪の中

◆一般庶民とはかけ離れた馬主の生活環境

◆争いは金銭欲か名誉欲か

◆破格の待遇を受ける役員

◆農林水産省とJRAの蜜月

◆水面下で処理された重要事件

第二章 社台と日高

◆独走する社台の生産馬

◆社台王国をつくりあげた男

◆常人とはかけ離れた金銭感覚

◆馬だけではなく、人もつくった

◆日高が生産地の雄だった頃

◆戦略の失敗が明暗を分けた

◆ラムタラの不振が致命傷となった

◆JRAは社台の犬?

◆社台改革が生産界の悪習を破壊した

◆社台を仕切るのは誰なのか

◆帝国崩壊の予兆

第三章 個人馬主とクラブ馬主

◆日本独特の共同馬主制度

◆クラブ馬主をつくった男の戦略

◆個人馬主の反撃

◆大本命・社台のクラブ馬主の誕生

◆転機となったダイナカール

◆曲がり角を迎えるクラブ馬主

第四章 美浦と栗東

◆厩舎の特殊事情

◆厩舎人の給料

◆競馬記者は敏腕エージェント

◆競馬の仕組みを激変させた外厩制度

◆牧場での裏取引で調教師が潤う

◆調教師はメッセンジャーボーイでしかなかった

◆カネヘの執着が栗東躍進の原動力になった

◆過去にすがる老人がブレーキに

◆馬よりも人を優先させる労組の傲慢

第五章 マスコミ

◆マルサが入り、贈収賄事件で逮捕

◆タレント予想屋は売り上げにはつながらない

◆聴取率至上主義の醜い争いが展開された

◆フジテレビに頭があがらないJRA

第六章 中央と地方

◆外国人は中央競馬と地方競馬の違いが理解できない

◆JRAは地方競馬を見下している

◆地方交流の副作用

◆地方競馬の第二JRA化構想

◆厩舎人が職を失い、路頭に迷う日

第七章 ファンとJRA

◆ファン不在のJRAサービス

◆高圧的で根性なしのJRA保安部

◆JRAに勝つ方法はない


【「まえがき」より抜粋】

馬同士の競走自体が、戦いそのものだが、それに携わる人間たちもまた、カネとメンツをかけて火花を散らしている。

これがまた、言葉に表せないような、不透明な澱みである。そして百鬼夜行、妖怪の跳梁である。

この世界の闇は深く、どこまで行っても底に行きつかない。現にいまもなお、泥沼のヘドロのような汚い争いをしていて、今日もスキャンダルが生まれている。この世界を書くということは、まるで、底無し沼に足をとられるようなものなのだ。


【著者略歴】

渡辺敬一郎(わたなべ・けいいちろう)

1936年、千葉県に生まれる。早稲田大学文学部中退。競馬評論家・大川慶次郎氏に師事し、競馬専門誌「ダービーニュース」編集長を務める。1966年に退社し、執筆活動を開始。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2013
7月1日
言語
JA
日本語
ページ数
182
ページ
発行者
CLAP
販売元
JUMPEI TAKEDA
サイズ
759.7
KB

渡辺敬一郎の他のブック