発行者による作品情報

明治時代のは、思想家、作家、ジャーナリスト、社会運動家大杉栄。『日本脱出記』は底本の「「大杉栄全集 第十三巻」現代思潮社」では「人文・思想・哲学」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(一、二、三、四、五、六、)」「パリの便所」「牢屋の歌」「入獄から追放まで」「外遊雑話」などが収録されている。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
1969
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
127
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
99.3
KB

大杉栄の他のブック