楽しい人生より、人生の楽しみ方を見つけよう‪。‬

    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

「楽しい人生がある

のではない。

人生の楽しみ方が、

あるだけだ。」(プロローグより)

「ピンチだ、ピンチだ」と騒ぐ人がいるが、ほんとの「ピンチ」とは、例えば崖から落ちている状態のことを指す。崖っぷちにいる時に危機意識を持って、崖から落ちないように手を打つことが大切、と筆者は説く。どんなピンチも乗り越え、どんな状況をも楽しめるようになるための心構えとは――。そのほか「『大変』『ごめんなさい』を使っていいのは、一生に一度。』など、数々のベストセラー、ロングセラーを世に送り出す中谷彰宏氏の、常識を撃破する金言多数。


プロローグ

1.楽しい人生があるのではない。

人生の楽しみ方が、あるだけだ。


2.「ピンチ」と「大変」を簡単に言わない。


3.「ごめんなさい」と、簡単に言わない。


4.信用を落とすことが、最大の損失。


5.「ごめんなさい」と言う人は、威張っている。


6.「大変」「ごめんなさい」を使っていいのは、

一生に一度。


7.ピンチは、もっと前に起こっていることに気づく。


8.ネガティブなメールを残しておくと、

ネガティブなメールを呼び込む。


9.メールのタイトルで、

ハッピーエンドがわかるようにする。


10.具体的に、相談しよう。


11.一生懸命頑張った人にしか、

ピンチは来ない。


12.「傷ついた」ではなく、「気づいた」。


13.「ピンチ」「大変」は

人に対して使う言葉。


14.ピンチの乗り越え方を聞く人は、

一生ピンチに出合えない。


15.「泣いているヒマ」はない。


16.濡れふきんで拭くことで、

おいしいホットケーキができる。


17.うまくいかない時にも、

ヤル気をキープする。


18.今つまずいたのは、宝物だ。


19.文句を言っていたら、ロボットに負ける。


20.一度ブレイクスルーすると、

ほかのことでもブレイクできる。


21.柔軟な人のほうが、根気がある。


22.ナマコは、人生の究極の指南役。


23.自殺するより、逃げる。


24.泣いている人は、

まだ平和なところにいる。


25.「ごめんなさい」は、

かかわり合いたくない時に使う言葉。


26.1人だけに認めてもらうのが、ベスト。


27.宇宙で成功する方法は、

どんなところでも応用できる。


28.まず1人を幸せにすることで、

世界中の人を幸せにできる。


29.グチは、話す側ではなく、聞く側が悪い。


30.「ピンチ」を「ペンチ」と言うと、

笑い飛ばせる。


31.成功しても、

「孤独」と「下積み」はなくならない。


32.「孤独」と「下積み」は、とんかつ屋さんのキャベツ。

おかわり自由。


33.1人でごはんを食べている人が、成功する。


34.共同経営は、失敗する。


35.チャンスは、1人の時にやってくる。


エピローグ

36.ピンチになる前に、危機意識を持つ。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2014年
7月5日
言語
JA
日本語
ページ数
40
ページ
発行者
ゴマブックス株式会社
販売元
Goma-Books Co., Ltd.
サイズ
1.2
MB

中谷彰宏の他のブック

2014年
2014年
2014年
2014年
2013年
2014年

カスタマーはこんな商品も購入

2017年
2020年
2013年
2017年