• ¥600

発行者による作品情報

イザナギ・イザナミの国造り、アマテラスの岩戸隠れ、八俣の大蛇。伝説の主役たちが、嫉妬に狂い、わがままを言い、ご機嫌をとる――。神々と歴代の天皇が織りなす武勇伝や色恋の数々は、壮大にして奇抜、そして破天荒。古代、日本の神様はとっても人間的だった! 「殺して」「歌って」「まぐわって」物語と歴史が渾然一体となっていた時代、その痕跡をたどり旅した小説家・阿刀田高が目にしたものは!? 古事記の伝承の表と裏をやさしく読み解いた一冊!

ジャンル
小説/文学
発売日
2003
6月25日
言語
JA
日本語
ページ数
212
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
988.9
KB

カスタマーレビュー

はぴはる☆

元気がないときに

元気になれる言葉、とか、元気になる本とか、世の中にはたくさんありますが、この本を読んで、神様もいろいろドジなんだなあ、と思うと、私は元気がでますね!

阿刀田高の他のブック