• ¥880

発行者による作品情報

「私が絞首台に吊されるその時、日本の正義は亡びるのです」



新人弁護士・日高正義が初めて担当する事件は、2年前、手術室での連続殺人として世を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」だった。被疑者の黙秘に苦戦し、死刑に追い込めない検察。弁護をも拒み続ける被疑者に日高は、ある提案を持ち掛けた。被疑者と日高、それぞれの戦いの幕が上がる――。(「氷獄」)

『チーム・バチスタの栄光』のその後を描いた表題作を含む全4篇。

有罪率99.9%を誇る検察司法の歪みに正義のメスを入れる、リーガル×メディカル・エンタテインメント!



◆収録作

「双生」……医師・田口公平の元で研修に励むすみれ・小百合の桜宮姉妹。外来患者の夫の異変に気付いたすみれは、ある斬新な治療法を提案する。

「星宿」……十字星を見たい――。看護師の如月翔子は、手術を拒否し続ける少年・村本亮の願いを叶えるため、便利屋・城崎を呼び出す。

「黎明」……末期癌の妻が入所した東城大学医学部付属病院のホスピスは、治る希望を捨て、死を受け入れるという方針だった。夫・章雄は反発するが……。

「氷獄」……新人弁護士・日高正義は「バチスタ・スキャンダル」の被疑者のもとを訪れる。弁護の拒否を続ける被疑者に、日高正義はある提案を持ち掛ける。



★豪華電子版特典付き!

「小説 野性時代」連載時扉イラスト

電子版共通あとがき

電子版あとがき『氷獄』

付録1【海堂尊・全著作リスト】

付録2【作品相関図】

付録3【桜宮年表】

付録4【「桜宮サーガ」年代順リスト】

付録5【「桜宮サーガ」構造】

付録6【「海堂ラボ」登場人物リスト】

付録7【あとがき索引】



※本電子書籍は、2021年7月に角川文庫より刊行された『氷獄』を底本とし、電子特典を加えたものです。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2021年
7月16日
言語
JA
日本語
ページ数
284
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
7
MB

海堂尊の他のブック