発行者による作品情報

この作品の作家は、宮本百合子(みやもとゆりこ、1899年(明治32年)2月13日-1951年(昭和26年)1月21日)は昭和期の小説家、評論家。『真夏の夜の夢』は底本の「宮本百合子全集第十一巻」では「政治学」としてまとめられている。初出は「女靴の跡」高島屋出版部、1948(昭和23)年2月。

ジャンル
政治/時事
発売日
1952
2月2日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
10.1
KB

宮本百合子の他のブック