発行者による作品情報

北畠親房著。神代から後村上天皇に到る歴史書。掲出本はやや虫損があり、全紙に裏打ちを施す。第1冊首には「此記者去延元四年」で始まる序と上、下巻の目次を記す。第4冊は原文が終わったあとに、「古拾遺記云」等として、神代の記事を引用、続いて「第九十六代光厳院」から「第百四代後花園院」まで、北朝を正統とする記事を増補している。この部分は、室町時代の官人小槻晴富(1422-1504)の著『続神皇正統記』である。同書の成立は文明3年(1471)2月以降14年5月までの間。巻末に光厳院以降を補った旨の『続神皇正統記』の本奥書と慶長壬子(17年 1612)の「中大夫清原朝臣」の奥書がある。中大夫清原朝臣は年代から清原国賢(1544-1614)かと推測される。国賢は枝賢の子、代々儒学を司った清原家の当主で、神道にも詳しかった。筆跡は、『神皇正統記』及び神代の増補記事までが同筆で、『続神皇正統記』の部分は奥書を含め異筆である。書写時期は江戸時代初期と推定され、国賢奥書本の転写かと考えられる。(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)

このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。

タイトルヨミ:ジンノウショウトウキ 1
著者ヨミ:キタバタケチカフサ
シリーズ名ヨミ:ジンノウショウトウキ コクリツコッカイトショカンゾウショ
種類:史論

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
4月30日
言語
JA
日本語
ページ数
84
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
141.4
MB

北畠親房の他のブック

このシリーズの他のブック