太平記 第1‪巻‬

    • 2.0 • 1件の評価

発行者による作品情報

南北朝の戦乱を主題にした軍記。我が国の文学書中最も早く刊行され、版を重ねることが多かったものの一つ。古活字版は慶長7年(1602)頃刊行されて以来、刊記のあるものだけでも8種類にのぼるが、この版は最も遅く刊行されたもの。古活字版の歴史は慶安初年で幕を閉じるが、その最後を飾る本の一つである。平仮名附訓漢字活字、平仮名連続活字を使用。古活字版『太平記』の多くは片仮名交じりで、平仮名交じり本は3種のみである。同版は、宮内庁書陵部、大東急記念文庫で所蔵している。(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)

このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。

タイトルヨミ:タイヘイキ 1
シリーズ名ヨミ:タイヘイキ コクリツコッカイトショカンゾウショ
出版者:荒木利兵衛
出版年月日:1650
種類:軍記物語

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
6月19日
言語
JA
日本語
ページ数
68
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
140
MB

作者不詳の他のブック

2015年
2015年
2015年
1985年
2015年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年

このシリーズの他のブック

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2015年