• ¥720

発行者による作品情報

小玉に差し出された帳簿に不自然に出てくる「維山」という地名。それが鄒王の死、さらには明慧の死に繋がるものと見た文林は、小玉に直接調査を託す。陳校尉として彼の地に乗り込んだ小玉が目にしたものとは――!?

ジャンル
小説/文学
発売日
2016
6月15日
言語
JA
日本語
ページ数
164
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.2
MB

雪村花菜 & 桐矢隆の他のブック