• ¥1,400

発行者による作品情報

彼女は、あなただったかもしれない。

2018年3月、東京都目黒区で当時5歳の少女、結愛ちゃんが息絶えた。十分な食事を与えられておらず、父親から暴力を受けていたことによる衰弱死だった。警視庁は傷害容疑で父親を逮捕。6月に父親を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕する際、母親・船戸優里も逮捕する。

本書は、2019年9月、第一審で懲役8年の判決を下された母親が、罪と向き合いながら綴った悲しみの記録である。

〈2018年6月7日、私は娘を死なせたということで逮捕された。いや「死なせた」のではなく「殺した」と言われても当然の結果で、「逮捕された」のではなく「逮捕していただいた」と言った方が正確なのかもしれない〉

〈結婚式直後のころと思う。何が原因だったか今となってはわからない。結愛が床に寝転がっていたとき彼が横から思い切り、結愛のお腹を蹴り上げた。まるでサッカーボールのように。私の心はガラガラと音を立てて崩れていった〉

〈私は、正座しながら説教を受け、それが終わると「怒ってくれてありがとう」と言うようになった。(略)私にとって説教とはしかられて終わりではなく、その後、彼に納得のいく反省文を提出し、許しをもらうまでの流れをいう〉

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2020年
2月12日
言語
JA
日本語
ページ数
260
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
6.5
MB

カスタマーレビュー

まえだかずのり

被害者面が酷い

「私は馬鹿だから」などとしつこく書き自尊心が低い風を必死に装っているが(責任を逃れるため)、異常に自己愛が強く自分のことを最優先にした結果、結愛ちゃんが邪魔だったから殺人に加担した、卑劣な犯罪者。自分と旦那が一番かわいかったんでしょ。被害者ヅラが酷い。気分が悪くなった。