• ¥850

発行者による作品情報

二〇一〇年夏、三歳の女児と一歳九カ月の男児の死体が、大阪市内のマンションで発見された。子どもたちは猛暑の中、服を脱ぎ、重なるようにして死んでいた。母親は、風俗店のマットヘルス嬢。子どもを放置して男と遊び回り、その様子をSNSで紹介していた……。なぜ幼い二人は命を落とさなければならなかったのか。それは母親一人の罪なのか。事件の経緯を追いかけ、母親の人生をたどることから、幼児虐待のメカニズムを分析する。現代の奈落に落ちた母子の悲劇をとおして、女性の貧困を問う渾身のルポルタージュ。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2013
9月3日
言語
JA
日本語
ページ数
190
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
820.9
KB

杉山春の他のブック