「罪と罰」の殺人‪罪‬

発行者による作品情報

この作品の作家は、北村透谷(きたむらとうこく、1868年12月29日(明治元年11月16日)-1894年(明治27年)5月16日)は、日本の評論家・詩人。明治期に近代的な文芸評論をおこない、島崎藤村らに大きな影響を与える。『「罪と罰」の殺人罪』は底本の「明治文學全集29北村透谷集」では「フィクション&文学」としてまとめられている。初出は「女學雜誌」1893(明治26)年1月14日。

ジャンル
小説/文学
発売日
1893年
1月13日
言語
JA
日本語
ページ数
10
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
13.3
KB

北村透谷の他のブック

1892年
2012年
1893年
2015年
1973年
1892年

カスタマーはこんな商品も購入

1930年
2015年
2000年
1992年
1945年
2015年