罪人の選択 罪人の選択

罪人の選‪択‬

    • 4.0 • 3件の評価
    • ¥780
    • ¥780

発行者による作品情報

2年半の沈黙を破り、満を持して世に放つ貴志祐介ワールド全開の作品集。

最新SF「赤い雨」は、パンデミックが起きたときあらわになる人間の本性を描いた、今読むべき一作。

表題作は、著者自身が「ここまで強いテンションを維持した作品は、書いたことがありません」と断言する手に汗握るミステリー。

人間の愚かさが絶望で世界を塗りつぶすとき、希望が一筋の光となって未来を照らし出す。


〈収録作〉

「夜の記憶」――『十三番目の人格‐ISOLA‐』『黒い家』で本格デビュー前に書かれた貴重な一編。水生生物の「彼」は、暗黒の海の中で目覚め、「町」を目指す。一方三島暁と織女の夫婦は、南の島のバカンスで太陽系脱出前の最後の時を過ごす。二つの物語が交錯するとき、貴志祐介ワールドの原風景が立ち上がる。

「罪人の選択」――1946年8月21日、磯部武雄は佐久間茂に殺されようとしていた。佐久間が戦争に行っている間に、磯部が佐久間の妻を寝取ったからだ。磯部の前に出されたのは一升瓶と缶詰。一方には猛毒が入っている。もしどちらかを口にして生き延びられたら磯部は許されるという。果たして正解は? ほか「呪文」「赤い雨」の全4作。


※この電子書籍は2020年3月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2022年
11月8日
言語
JA
日本語
ページ数
352
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.8
MB

貴志祐介の他のブック

悪の教典(1) 悪の教典(1)
2012年
新世界より (1) 新世界より (1)
2012年
悪の教典(2) 悪の教典(2)
2013年
悪の教典(3) 悪の教典(3)
2013年
新世界より (2) 新世界より (2)
2012年
別冊少年マガジン 2014年0号 別冊少年マガジン 2014年0号
2014年

カスタマーはこんな商品も購入

さえづちの眼 さえづちの眼
2023年
などらきの首 などらきの首
2018年
ずうのめ人形 ずうのめ人形
2018年
連続殺人鬼カエル男ふたたび 連続殺人鬼カエル男ふたたび
2019年
向日葵の咲かない夏 向日葵の咲かない夏
2008年
ぼぎわんが、来る ぼぎわんが、来る
2018年