能舞台の解‪説‬

    • 3.5 • 4件の評価

発行者による作品情報

明治時代の日本の作家、折口 信夫(1887年2月11日 - 1953年9月3日)は、日本の民俗学者、国文学者、国語学者であり、釈迢空(しゃく ちょうくう)と号した詩人・歌人でもあった。彼の成し遂げた研究は「折口学」と総称されている。柳田國男の高弟として民俗学の基礎を築いた。みずからの顔の青痣をもじって、靄遠渓(あい・えんけい=青インク)と名乗ったこともある。この作品は底本の「能舞台の解説」では文芸 ・ 評論・文学研究としてまとめられている。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
1943年
2月2日
言語
JA
日本語
ページ数
7
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
10.8
KB

折口信夫の他のブック

1943年
2001年
1932年
1931年
1991年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

1994年
1996年
1941年
1940年
2015年
2015年