• ¥950

発行者による作品情報

巷の「話し方」の本には一番大切なことが抜けている。それは、会話では「自分のこと」ではなく「相手のこと」を話すということ。自分の話をやめるだけで、仕事も人間関係も俄然よくなると著者は断言。そこまで言い切れる根拠とは? 「相手は自分の話に興味を持っていない」「『自分をわかってほしい』と思うことほど傲慢なことはない」「『質問』にあなたの全てが表れる」「プライベートなことを聞かないほうが失礼である」等々、普通の人が気づけない会話の盲点を指摘。仕事や人間関係が面白いほどに好転し始める話し方を網羅した一冊。

ジャンル
職業/技術
発売日
2019
7月30日
言語
JA
日本語
ページ数
230
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
872.9
KB

吉原珠央の他のブック