• ¥850

発行者による作品情報

江東区のマンモス団地で殺人事件が発生!刺殺された遺体はナイフを握っていた。稚拙な自殺偽装に新米女刑事・如月ら十一係は憤りを覚え捜査を開始する。しかし、犯人は自ら特捜本部を脅迫してきたのだ。《一日にひとりずつ東京都民を殺害する。この計画を止める方法はただ一つ。二億円を用意しろ》 講談社文庫「警視庁殺人分析班」シリーズは、講談社ノベルス「警視庁捜査一課十一係」シリーズと同一シリーズです。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2015年
5月15日
言語
JA
日本語
ページ数
400
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
772.5
KB

麻見和史の他のブック

2013年
2014年
2017年
2016年
2017年
2020年

このシリーズの他のブック

2016年
2016年
2017年
2019年
2019年
2020年