• ¥880

発行者による作品情報

事切れた被害者の最期のメッセージは、タオルに血液で書かれた「SOS」だった。捜査線上に浮かんだ、幼さの残る無口な少年とは。殺人分析班シリーズ第8作! 講談社文庫「警視庁殺人分析班」シリーズは、講談社ノベルス「警視庁捜査一課十一係」シリーズと同一シリーズです。文庫化の際、改題しました。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2019
1月16日
言語
JA
日本語
ページ数
400
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
1.1
MB

麻見和史の他のブック

このシリーズの他のブック