• ¥1,600

発行者による作品情報

〈媚態〉〈意気地)〈諦め〉という三つの契機から、日本的美意識「いき」の構造を解明した九鬼周造。ハイデッガーやベルクソンらに師事し、豊かな方法的視座を身につけたこの哲学者にとって、人と人とのめぐり逢いの謎は、自身の実存ともあいまって生涯を覆うものであった。「偶然性」の哲学の誕生だ。のちにそれは、日本文化論における「自然」の思想においてひとつの帰結をみる。没後、時代ごとに異なる光が当てられてきた九鬼の哲学。本書は、自伝的エッセイからヨーロッパでの講演、人生観、晩年の詩論まで、その全体像と独創性を一冊で提示する。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2020
8月10日
言語
JA
日本語
ページ数
590
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
10.8
MB

九鬼周造 & 田中久文の他のブック

このシリーズの他のブック