• ¥540

発行者による作品情報

兄・信康の切腹は、郁姫の心に深い傷を残した。なんとかこれまで通りの生活を送っていられるのは、守り役・健士郎が献身的に仕えてくれているから。しかし、その健士郎が兄の死に深く関与していた事実はどうしても許せなかった――。そんな郁姫に織田信長のもとへ使者として出向くよう、父・家康からの命令が下る。遅咲きの桃が咲き誇る琵琶湖畔の山中で、鷹狩りに出かけていた信長と偶然の対面を果たす郁姫と健士郎。だが、その直後、郁姫が何者かに拉致され、行方不明になってしまった!

ジャンル
小説/文学
発売日
1995
10月8日
言語
JA
日本語
ページ数
258
ページ
発行者
集英社/集英社コバルト文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
6.5
MB

花衣沙久羅 & 里中守の他のブック

このシリーズの他のブック