陰謀の日本中世‪史‬

    • 3.8 • 9件の評価
    • ¥1,000
    • ¥1,000

発行者による作品情報

ベストセラー『応仁の乱』の著者、構想三年の書き下ろし!

本能寺の変に黒幕あり?
関ヶ原は家康の陰謀?
義経は陰謀の犠牲者?
俗説、一蹴!
『応仁の乱』の著者が史上有名な“陰謀”をたどりつつ、
“陰謀論”を徹底論破する。

史実とフィクションは明瞭に違う!
◆本能寺の変に黒幕あり?→いない。光秀をバカにしすぎ
◆関ヶ原は家康の陰謀? →違う。家康も追い詰められていた
◆義経は陰謀の犠牲者? →誤り。義経の権力は砂上の楼閣だった

他、
■足利尊氏=陰謀家説は疑わしい
■後醍醐天皇は黒幕ではなく被害者だった!?
■富子はスケープゴートにされた
■騙されやすかった信長
■「三成が家康の伏見屋敷に逃げ込んだ」は俗説
■「小山評定」は架空の会議

「事実」はドラマや小説より面白い。
陰謀論の誤りを最新学説で徹底論破!!
トンデモ説やフェイクニュースが溢れる世の中で騙されないために。
陰謀論の法則まで明らかにする、必読の歴史入門書!

ジャンル
歴史
発売日
2018年
3月9日
言語
JA
日本語
ページ数
317
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
4
MB

呉座勇一の他のブック

2016年
2021年
2022年
2015年
2014年
2020年

カスタマーはこんな商品も購入

2018年
2018年
2019年
2018年
2019年
2018年