鬼人幻燈抄 : 11 昭和編 花街夢灯‪籠‬

    • 4.5 • 2件の評価
    • ¥1,500
    • ¥1,500

発行者による作品情報

昭和三十四年(1959年)、甚夜の姿は「鳩の街」と呼ばれる花街にあった。戦後、赤線地帯として栄えた東京の下町で彼が探すのは、マガツメの娘と思われる花の名をした娼婦。だが、気づけば甚夜は、「鳩の街」自体の怪異に取り込まれていた――時代に取り残された“花街の姿”をしっとり描く昭和編。大人気和風ファンタジーシリーズ第十一巻!

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2022年
10月20日
言語
JA
日本語
ページ数
276
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3.5
MB

中西モトオの他のブック

2021年
2022年
2021年
2021年
2022年
2022年

このシリーズの他のブック

2021年
2022年
2022年
2020年
2021年
2021年