• ¥610

発行者による作品情報

その居酒屋には名前さえついていない。うまい酒を出すが、亭主がたいそう無愛想なその店を、土地の人びとは「権兵衛酒屋」と呼んでいる。その身のこなし、もと二本差であったらしい。興味をひかれた長谷川平蔵は「権兵衛」に立ち寄り、評判の酒を堪能することに。しかし、直後、店の女房は斬られ、亭主はいずこかへ逐電した。捜査をはじめた平蔵に迫る怪しい影は、ついに鬼平を斬った! 武家社会の闇と悲哀が浮かび上がる特別長篇〈鬼火〉、満を持して登場。

ジャンル
小説/文学
発売日
2000
11月10日
言語
JA
日本語
ページ数
220
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.4
MB

池波正太郎の他のブック

このシリーズの他のブック