発行者による作品情報

「麻雀殺人事件」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の小説家、SF作家、推理作家、漫画家、科学解説家である海野十三の小説。この作品は真夏の日に名探偵・帆村荘六の目の前、新宿の麻雀店で演じられた殺人事件を書くもの。

ジャンル
小説/文学
発売日
1935
5月2日
言語
JA
日本語
ページ数
31
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
32.2
KB

海野十三の他のブック