ブック第7巻 - HIROTA SELECTION!

1987年3月31日——国鉄最期の‪日‬

    • ¥1,400
    • ¥1,400

発行者による作品情報

「鉄道写真の神様」広田尚敬が、東京、大阪をはじめ日本全国で捉えた「日本国有鉄道」のラストショット!!


「鉄道写真の神様」として70年。そのファインダーを通り過ぎた「鉄道の瞬間」は数知れず。「自薦傑作選」としての電子フォトブック【HIROTA SELECTION!】がついに刊行スタート。その第7弾は、今から四半世紀前、巨匠のカメラが捉えた「日本国有鉄道」の最期の姿。そこに写し込まれた車両の顔ぶれ、乗客の表情…全ては「今の鉄道風景」を決定づける瞬間に立ち会った歴史の証人たちである。なお、特別寄稿として、2021年島秀雄記念優秀著作賞受賞の椎橋俊之氏による「国鉄最後の日。復活C623の雄叫び」ほか3編収録。


【目次】

表紙、総扉、はじめに、3月20〜21日 札幌駅、「昭和61年11月、国鉄最後のダイヤ改正」(椎橋俊之)、3月26日 西鹿児島駅他、3月28日 加古川駅、西明石駅、3月29日 大阪駅、「国鉄民営化前夜の旅」(椎橋)、3月31日 渋谷駅および車内、東京駅、国鉄本社前、東京駅、秋葉原駅、上野駅、汐留駅、再び東京駅、「国鉄最後の日。復活C623の雄叫び」(椎橋)、奥付


【著者】

広田尚敬

1935年東京生まれ。中学三年生で初めて鉄道写真を撮影。 1960年よりフリーランスの写真家として活動し、1988年設立の日本鉄道写真家協会の初代会長をつとめるなど、「鉄道写真の神様」として、常に日本の鉄道写真界を牽引する。著書は『ヨーロッパのSL』(朝日新聞社、1973年)『SL夢幻』(読売新聞社刊、1975年)『永遠の蒸気機関車』(日本交通公社、1976年)『撮った!国鉄2万3千キロ』(講談社、1984年)『F の時代』(小学館、2009年)など150册以上に及ぶ。鉄道150年を迎える2022年、新たなプロジェクトシリーズとして『HIROTA SELECTION!』を電子書籍で刊行開始。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2023年
3月14日
言語
JA
日本語
ページ数
194
ページ
発行者
合同会社 部活
販売元
Voyager Japan, Inc.
サイズ
105.1
MB

広田尚敬の他のブック

2019年
2021年
2020年
2018年
2023年
2023年

このシリーズの他のブック

2023年
2023年
2023年
2023年
2023年
2023年