Elastic Stackで作るBI環境 Ver.7.4対応改訂版 Elastic Stackで作るBI環境 Ver.7.4対応改訂版
技術の泉シリーズ

Elastic Stackで作るBI環境 Ver.7.4対応改訂‪版‬

    • ¥1,800
    • ¥1,800

発行者による作品情報

サーバーのアクセスログやTwitterのつぶやき、様々な機器の動作状況など各種のログファイルをExcelで分析していませんか?本書はBIツール「Elastic Stack」をつかってログファイルを集計し、グラフなどでビジュアル豊かに分析するための環境構築チュートリアルのバージョン7.4対応版です。

【目次】

第1章 Elastic Stackって何?

1.1 Logstash

1.2 Elasticsearch

1.3 Kibana

1.4 Beats

1.5 Elastic Licenseで使用できる機能

1.6 APM

1.7 SIEM

1.8 Elastic Cloud

1.9 この本における基本的な構成

第2章 環境構築

2.1 インストールの順番

2.2 事前準備

2.3 Elasticsearchのインストール

2.4 Kibanaのインストール

2.5 Logstashのインストール

第3章 データを集めて可視化しよう(CSVのデータを集める編)

3.1 可視化するデータの準備

3.2 logstash.confの概要を知る

3.3 inputプラグインコンフィグの作成

3.4 outputプラグインコンフィグの作成

3.5 logstash.confをテストしつつ内容を調整する

第4章 データを集めて可視化しよう(Beatsを使って情報を集めてみる)

4.1 Beatsのインストール

4.2 Metricbeatのセットアップ

4.3 Metricbeatの起動

第5章 Kibanaを使ったデータの閲覧

5.1 Kibanaの画面項目

5.2 Discover画面を使ってみよう

5.3 Discoverでデータを閲覧する

第6章 Visualize画面でデータを可視化する

6.1 Visualize種別を知る

6.2 Visualize画面でグラフを作成する

6.3 グラフを作成する:グラフを保存する

第7章 Dashboard画面を使ってグラフを一覧表示する

7.1 グラフを並べる

7.2 グラフの大きさを指定する

7.3 保存する(検索期間を保持する/しないを選択する)

7.4 作成したDashboardを編集する

ジャンル
コンピュータ/インターネット
発売日
2019年
11月29日
言語
JA
日本語
ページ数
118
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
13.8
MB

石井葵の他のブック

わかりやすく書ける!技術同人誌初心者のための執筆実例集 わかりやすく書ける!技術同人誌初心者のための執筆実例集
2019年
Introduction of Elastic Stack 6 Introduction of Elastic Stack 6
2018年

このシリーズの他のブック

1人でアプリを作る人を支えるSwiftUI開発レシピ 1人でアプリを作る人を支えるSwiftUI開発レシピ
2020年
SwiftUIで学ぶVisionフレームワーク入門 SwiftUIで学ぶVisionフレームワーク入門
2021年
スクレイピング・ハッキング・ラボ Pythonで自動化する未来型生活 スクレイピング・ハッキング・ラボ Pythonで自動化する未来型生活
2020年
株とPython─自作プログラムでお金儲けを目指す本 株とPython─自作プログラムでお金儲けを目指す本
2019年
Python(&C++)でつくるマンデルブロ集合のズーム動画 Python(&C++)でつくるマンデルブロ集合のズーム動画
2022年
iOSアプリ開発デザインパターン入門 iOSアプリ開発デザインパターン入門
2018年