• ¥1,800

発行者による作品情報

「人間への見方が新しく変わる」――ユヴァル・ノア・ハラリ(『サピエンス全史』著者)推薦!


「希望に満ちた性善説の決定版!」――斎藤幸平(『人新世の「資本論」』著者)推薦!


「邦訳が待ちきれない!2020年ベスト10洋書」WIRED日本版選出


本国オランダでは発売忽ち25万部突破ベストセラーに。世界46カ国での翻訳が決定。


近現代の社会思想は、”性悪説”で動いてきた。だが、これらは本当か。


・ホッブズいわく「万人の万人に対する闘争」

・アダム・スミスによると、人は損得勘定で動くホモエコノミクス

・ダーウィンが唱えた、自然淘汰説

・ドーキンスは『利己的な遺伝子』を執筆

・少年たちのいじめ本性を描いた『蠅の王』がノーベル文学賞


著者は、この暗い人間観を裏付ける心理学や人類学の定説の真偽を確かめるべく

世界中を飛び回り、関係者に話を聞き、エビデンスを集めたところ意外な結果に。


・スタンフォード大の囚人実験(普通の人間は邪悪になれる)

・ミルグラムの電気ショック実験(アイヒマン実験は)

・イースター島絶滅は人間のエゴ説(ジャレド・ダイアモンド)


善人が悪人になってしまう理由とは。なぜ人類は生き残れたのか。

これから生き延びるためにどうすればよいかが書かれた「希望の書」。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2021年
7月27日
言語
JA
日本語
ページ数
272
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
6.5
MB

ルトガー・ブレグマン & 野中香方子の他のブック