• ¥550

発行者による作品情報

読んでわかる!聴いて納得!クラシック音楽っておもしろい!!
音楽評論家 渡邊學而が、クラシック音楽の魅力的な世界にあなたを誘います。

シリーズ「聴いて発見!クラシック音楽のひみつ」第2巻
ヴィヴァルディ作曲 「春」 協奏曲集《四季》より

イタリアの作曲家ヴィヴァルディによる、協奏曲「春」。バロック音楽(17世紀から18世紀にかけてのヨーロッパの音楽)のなかでもテレビなどで流れることの多い有名曲ですが、この曲は具体的な「詩」の内容を音楽で表現しています。弦楽合奏の演奏を聴きながら、詩と音楽が紡ぎだす美しい世界を覗いてみませんか。また、詩とあわせて曲の仕組みに注目することで、この時代の音楽の特徴の一端が見えてきます。さらには、音源は収録されていませんが、「夏」「秋」「冬」の詩の内容と音楽についてもご紹介。

【電子書籍ならではの音楽再生機能】
本文中の音源再生ボタンを押すと、すぐに音楽が再生されるため、解説の内容をよく理解することができます。イヤホンやヘッドホンで、またはアンプを通してスピーカーで再生して、よりよい音でお楽しみください。

【使用音源】
アッティラ・ファルヴェイ(ヴァイオリン)/オニキス室内アンサンブル(音源提供:ナクソス・ジャパン株式会社)

【著者紹介】渡邊學而(音楽評論家)
慶應義塾大学経済学部卒業後、フリーの音楽評論家として活動。誰にでも親しめる解りやすい音楽解説は、各方面から高い評価を得ている。これまで学習院大学、武蔵野音楽大学などで教鞭をとる傍ら、NHKの音楽番組の解説や新聞、雑誌への執筆、音楽講座の講師などを行っている。著書に「大作曲家の知られざる横顔」(1)(2)(丸善ライブラリー)、「ヨーロッパ音楽の流れ」(芸術現代社)など。

【ご利用の前に】
ご利用の環境によっては、ページが欠落したり、ページめくりがスムーズに動作せず端末に負荷がかかったりする場合がございます。その場合は、「スクロール表示」をオンにしてご利用ください。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2018
11月4日
言語
JA
日本語
ページ数
25
ページ
発行者
公益財団法人音楽鑑賞振興財団
販売元
Foundation for the Advancement of Music Appreciation
サイズ
36.4
MB

渡邊學而の他のブック

このシリーズの他のブック