• ¥1,300

発行者による作品情報

人類は今、新たな進化の段階に突入している。

産業革命は社会を変えたが、IT革命は人間の心を変えようとしているのだ。


共に働き、共に生活していた「家族」が、都市化や産業化、核家族化を経て崩壊しようとしていた時、IT革命が起きた。

IT革命は社会システムを大きく変えたが、もっとも重要な変化は、人間の脳神経回路を組み替え、愛着システムを変容させたことだ。

通常なら数万年、数十万年のスケールで起きる生物学的な変化が、数十年の間に進行している。


27年ほど前、医療少年院で一人の回避型愛着を示す若者に出会った。

今や、そうした人々は普通の家庭や社会にあふれている。


急激に増えつつある「回避型人類」の特徴は


・単独生活が基本

・セックスをしない

・子育てに関心がない

・集団への嫌悪と恐怖

・人より物、物より情報を好む

・ルールと統制を重視する

・キレると何をするかわからない

・蔓延する依存症と刺激中毒

・突然襲ってくる自殺衝動

・死を悲しまない


そんな「回避型人類」の数が、共感型の旧人類を上回るとき、一体何が起きるのか。


最前線の臨床医が最先端の進化論と出会って辿り着いた、驚愕の未来レポート。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2019
11月21日
言語
JA
日本語
ページ数
248
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.8
MB

岡田尊司の他のブック