• ¥500

発行者による作品情報

◆巻頭対談◆

今村昌弘×浜辺美波

本格ミステリーに“アレ”を持ち込んだ大胆不敵な書き手と、大の読書家女優のミステリー愛溢れるわくわく対談


◆連載スタート◆

真藤順丈

ものがたりの賊(やから)

関東大震災が襲う帝都を奔(はし)るは、坊っちゃんに伊豆の踊子に光源氏!? 文学史に輝くキャラクターたちの豪華競演開幕!


[新連載インタビュー]

なんでおまえがって言われることをやるのが、自分の芸風なんで


◆短篇◆

寺地はるな

コードネームは保留

商店街で働く優香は今日から“殺し屋気分”で暮らす事に


彩瀬まる

海のかけら

ひきこもる玄也の部屋を、シーグラスが照らす


◆対談◆

住野よる×芦沢央

芦沢さんの新刊を読んで思わず泣いてしまったという住野さん。

作家として闘い続けるふたりが抱える想いとは


◆インタビュー◆

・作家の書き出し Vol.4 取材・構成 瀧井朝世

東山彰良「掃き溜めのような場所に宿る哀愁、僕が求めているのはそういうもの」


・著者に訊く

ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』

凪良ゆう『流浪の月』


◆連載小説◆

澤田瞳子「星落ちて、なお」

自分が描くべき絵とは? とよの前には再び分かれ道が


吉川トリコ「夢で逢えたら 第三話 女が女に笑う夜」

仕事減少中に得た貴重なレギュラー。ここが正念場!


矢月秀作「刑事学校 III」

殺人現場を調べた研修生たちは、かすかな違和感を覚える


円居挽「キングレオの帰還 第二話 恐喝王ジェダ・マクベス」

恐喝王――その言葉に獅子丸は苦い思い出があった


夢枕獏「ダライ・ラマの密使」

目下に広がる光景。これこそがシャンバラなのか?


◆エッセイ◆

伴名練「別の本」

もちぎ「優しい人かどうなのか。」


◆漫画◆

久世番子「よちよち文藝部 CM篇」

ついに刊行の「世界文學篇」! 一番思い出深い作品は?


◆巻末グラビア◆

森見登美彦

本とあそぶ――探検! 箱根本箱

ジャンル
小説/文学
発売日
2019年
12月20日
言語
JA
日本語
ページ数
327
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
60.3
MB

文藝春秋の他のブック

このシリーズの他のブック