• ¥750

発行者による作品情報

新幹線で食べる海苔弁の美味さ、油揚げが人格者である理由、そしてかまぼこ板の美学とは──。

食を愉しみ、食を哲学する。週刊文春の人気食エッセイが電子版で登場!


春の終わり、にょきにょき伸びるアスパラガス。真夏に囓るきゅうりの爽快さ。

目にしみるさんまの煙に秋の到来を感じ、酉の市で手に入れる切山椒は歳末の風物詩。

おつな味、いまの味が記憶の扉を開く。

惜しくも急逝された安西水丸画伯のイラストレーションも、単行本版から大増量して、計60点収録。

食を楽しみ、食を哲学する絶品エッセイ特盛83篇をご賞味ください。


【主な内容】

すいか相手にぶつかり稽古

どうする、目玉焼き

れんこん讃歌

パセリを丼いっぱい

パパパパパインはいかがです

ニッカボッカの男めし

南国おでんの宇宙

「うみねこパン」を盗み喰い

かまぼこ板の美学

さよなら、ホットケーキ

二十五年めのハンバーグ……など。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016
9月2日
言語
JA
日本語
ページ数
336
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
12.5
MB

平松洋子 & 安西水丸の他のブック