• ¥800

発行者による作品情報

江戸・深川の長屋で浪人暮らしの坂崎磐音は、日光社参の勘定を担うことになった両替商・今津屋からある提案を持ちかけられる。

一方、麻疹が流行して将軍家にも重篤な患者が出るが、長崎から上府した阿蘭陀商館付の医師は、反対派による妨害のために城中での診察がかなわない。

さらには、医師の暗殺計画までもが浮上して……。


巻末には、著者特別インタビューを収録!

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
August 6
言語
JA
日本語
ページ数
368
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.4
MB

佐伯泰英の他のブック

このシリーズの他のブック