• ¥800

発行者による作品情報

江戸の万事に奔走する中……

家基の願いを叶えられるのか?


出羽山形からの帰路、俄雨に襲われた宿場で磐音は、追手に襲われた若い侍を助ける。


無事に江戸へと戻り、おこんを伴ってでかけた先で出くわしたのは、南町奉行所の笹塚孫一。

またもややっかいな頼みごとが持ち込まれる。


一方、御典医の桂川甫周国瑞からは、徳川家基の要望がもたらせるのだが、桂川の周囲にも、田沼派の黒い影が忍びよる。


磐音が取った策とは……。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
3月10日
言語
JA
日本語
ページ数
368
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.8
MB

佐伯泰英の他のブック

このシリーズの他のブック