• ¥880

発行者による作品情報

ますます緊張を高める米中関係。「習近平は、完全に全方位敵対路線に入った」と著者は語る。

「最後の皇帝」習近平は何を目指すのか?


・習近平は毛沢東以来の「皇帝」となった

・最新の外交戦略「チャイナ4.0」は最悪の選択だ

・アメリカvs中国を超えた、「世界」vs中国の対立

・仏英独がフリゲート艦、空母を派遣する理由

・ジャック・マーはなぜ「罰」を受けたのか?

・アメリカ真の敵はスパイ国家としての中国

・本当は役に立たない「世界最大の中国海軍」

・オーストラリア、EU、日本、インドが習近平をつまずかせる

・台湾有事、日本はスウェーデンに学べ ほか

ジャンル
政治/時事
発売日
2021年
7月19日
言語
JA
日本語
ページ数
200
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
785.4
KB

エドワード・ルトワック & 奥山真司の他のブック