• ¥650

発行者による作品情報

扉をあけると、すぐ目の前に死体がぶら下がっていた。腰までの短いスリップに、薄いショーツだけつけているが、裸同然だった。天才警視正のカンが、すばやく察知したものは……。岩崎のネイティブ顔負けのポルトガル語で事件を解決に導く表題作の他、「悲しき殺し屋」「十字架は語らず」「哀しみは美しさの故」「アンダースコート」「空飛ぶ大根」の五篇を併せた短篇集益々快調! 乃木、峯岸両捜査官に元警部補みずえ夫人も加わって美女陣もさらに快調。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
1993
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
229
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.7
MB

胡桃沢耕史の他のブック