• ¥250

発行者による作品情報

高校に入学してから、1人また1人と、クラスの女の子が処女でなくなっていく。高1の夏休みが終わると、だいたい3割の女子の処女膜は破られ、どこかのシーツを血で汚していた。だけどあたしと薫ちゃんは、2学期がはじまっても生娘のまま。ふたりとも早生まれだから15歳。15歳じゃちょっと早すぎるし、17歳だと分かりやすすぎ、それよりあとだと遅すぎる。「16になったら、やろう」。あたしたちは立ち上がった。第7回R-18文学賞読者賞受賞作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014
4月4日
言語
JA
日本語
ページ数
29
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
343.3
KB

山内マリコの他のブック

このシリーズの他のブック