• ¥610

発行者による作品情報

焦土と化した東京――〈古き者〉が勢いを増すなか、〈先住者〉たちは〈禍津神〉安西雄介をめぐって分裂、敵対する!

クトゥルーの神々の攻撃と富士山噴火の大混乱で火の海となった東京。しかし脱出の途中、安西雄介は、加賀四郎、左文字徹、呉秀英らを見失ってしまう。結城大和の〈眼〉の力を借り、秩父山中に潜伏していた弟・竜二と特殊部隊の仲間たちに再会した雄介は、焦土と化した東京へ向かうが、そこはすでに人間ではない者たちに占拠されていた。
一方、みづちの若長・北斗多一郎は、地這いの姫・藤原華子との婚礼を控えていた。多一郎と伊吹涼の仲を知り、嫉妬に燃える華子は――!?
栗本薫が圧倒的な筆力で現代日本にクトゥルー神話を甦らせた、超伝奇シリーズ第8弾!

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2016
1月10日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
844.1
KB

栗本薫の他のブック

このシリーズの他のブック