• ¥1,700

発行者による作品情報

今月のPlayerは「我が永遠のエディ・ヴァン・ヘイレン」。デビュー当時のエディへのインタビューを行い、その後も何度もインタビュー嫌いのエディにアタックしてきたライターであるスティーヴ・ローゼンの追悼文を掲載。そしてPlayerでしか読むことのできないスティーヴによる4本の貴重なロングインタビューを再掲載。それに加えて、当初期の来日公演を手掛けたUDO音楽事務所の高橋辰雄氏へインタビュー、その時期にエディと対談している山本恭司にはその対談の“決着”をつけてもらい、さらにエディをリスペクトするミュージシャンを代表して野村義男にも新たに語ってもらった。そして、NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)がヴァン・ヘイレンのオリジナルアルバムを3時間以上にわたり語っていただいた濃厚なレビューを掲載したい!

特集記事では打首獄門同好会、Rie a.k.a. Suzakuの撮り下ろしインタビュー&彼らの愛器の数々をレポート。ERNIE BALL MUSIC MAN History…レギュラー・モデルから辿るギターデザインの進化、Sheeran BY Lowden…エド・シーランとローデン・ギターがコラボした注目のニューブランド誕生、VOX Bobcat…現代に蘇ったセミホロウ・ギター、さらにジャンルを超えたギタリスト、竹中俊二によるジャンルを超えたギターコレクションを掲載。

インタビューではBAND-MAIDより小鳩ミク、AC/DCよりアンガス・ヤング、木暮"shake"武彦、Helsinki Lambda Club、DIRTY LOOPS、a crowd of rebellion、天野 花、安城夢那(ガールズバンドブロック)が登場。VINTAGE GUITAR ARCHIVEでは初のラップスティールが登場。シンプルなデザインと機能性を追求した1961 GIBSON EH-500 Skylarを徹底解析。

発売から大反響を呼んでいるEVH特集号で今月もPlayerは楽器誌の真髄を行く! センターページにはEDDIE VAN HALENに哀悼の意を評したフォトカードも掲載。楽器誌の真髄をご覧いただけます。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2020年
12月2日
言語
JA
日本語
ページ数
179
ページ
発行者
プレイヤー・コーポレーション
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
168.6
MB

プレイヤー編集部の他のブック