Publisher Description

本書は文章のほかに、プロのナレーターによる朗読音声でもお楽しみいただけます。


源氏物語は、紫式部によって書かれた全五十四帖から成る長編小説。

期間にして74年、四代の天皇の御代に渡る壮大な物語であり、

その文章の構成や美しさ、人物の心理描写の面などからも、

日本の文学史上最古にして最高傑作とも言われています。






源氏物語 第十六帖 関屋(せきや)

源氏が須磨から帰京した翌年、常陸介(元伊予介)がその任期を終え、妻の空蝉とともに、京へと戻ってきた。

丁度、石山寺へ参詣途中であった源氏は、逢坂関で常陸介一行と出会う。


人目が多く、直接言葉を交わすのは憚られる状態であったので、源氏は空蝉の弟右衛門佐を呼び寄せ、空蝉へ手紙を送った。 その後も二人は手紙を交わしたが、そうこうしている内に、病床に臥せっていた常陸介が亡くなった。


その後、子供達との関係や、継子の河内守の懸想を避けるように、空蝉は出家してしまったのだった。

GENRE
Fiction & Literature
RELEASED
2013
June 25
LANGUAGE
JA
Japanese
LENGTH
5
Pages
PUBLISHER
パンローリング株式会社
SELLER
Pan Rolling Inc.
SIZE
8.5
MB

More Books by 紫式部