• ¥968

発行者による作品情報

第140回直木賞受賞作、市川海老蔵主演で映画化されたばかりの話題作が、オーディオドラマとしてついに登場!

「侘び・寂び」の体現者として、己の信じる美を追求し続けた茶聖・千利休が最後までこだわり、守ろうとしたものとは?
歴史小説としてその生涯を紐解きながら、稀代の芸術家の心底に潜む謎を追う、全く新しい利休像を描き出す物語を、
小説の言葉一つ一つをそのままにお楽しみいただけるオーディオドラマで、じっくりとお聴きください。


日本史上最も有名な人物の一人である千利休は、
「侘び茶」の完成者として、簡素さという新たな美しさを茶の湯の世界へもたらしました。

ともすれば禁欲的なイメージをもたれがちな利休ですが、
今回、歴史を切り取る斬新な視点に定評を持つ作家・山本兼一の手によって、
彼の持つ「艶やかさ」という新たな側面に光が当てられました。

利休の研ぎ澄まされた感性を生み出したのは、誰も知らない若かりし日の恋だった――。
これまでになかった大胆な描き方で、人間・千利休を描き出す人気小説を、
じっくりと物語に聴き入っていただけるオーディオドラマでお届けします。

物語は一場面、一部屋をクローズアップして、
利休、妻・宗恩、秀吉、家康・・・といった関係人物ひとりひとりの心境を丁寧に描き出します。

時間を遡りながら明らかにされてゆくのは、死の間際まで離すことのなかった香合に重ねられた、
生涯忘れることのできない美しい女人の姿。
そしてそれこそが、利休が生涯かけて追い求めた「美の本質」の原点となるもの――。

歴史に関心を持つ方もそうでない方も、既存のイメージを大胆に塗り替えるこのような利休像に驚かれることでしょう。
そして、著者の確かな筆致によって紡ぎだされる美しい言葉によって、利休の求め続けた美をたっぷりと味わうことができます。

ミステリーを読み解くような高揚感を覚えるとともに、恋愛小説を読むように胸を熱くさせてくれる本作品。
歴史小説という枠組みを越えて、あなたにこれまでにない読書体験を与えてくれることでしょう。

オーディオブックなら、繊細かつ情熱的な利休の姿を、様々なイメージを膨らませながらお聴きいただけます。
稀代の芸術家の人間性、そしてその美意識の真相を探るミステリアスなドラマを、
映画とはま…

ジャンル
フィクション
ナレーター
茶川亜郎
ページ数
14:05
時間
発売日
2013年
12月26日
発行者
PHP研究所
言語
JA
日本語
サイズ
846.8
MB

リスナーはこちらも購入しています

2010年
2011年
2010年
2015年
2014年
2011年