うつくしが丘の不幸の‪家‬

    • 4.7 • 7件の評価
    • ¥760
    • ¥760

発行者による作品情報

海を見下ろす住宅地『うつくしが丘』に建つ、築 21 年の三階建て一軒家を購入した美保理と譲。一階を念願の美容室に改装したその家で、夫婦の新しい日々が始まるはずだった。だが開店二日前、偶然通りがかった住民から「ここが『不幸の家』って呼ばれているのを知っていて買われたの?」と言われてしまい……。わたしが不幸かどうかを決めるのは、家でも他人でもない。わたしたち、この家で暮らして本当によかった──。「不幸の家」で自らのしあわせについて考えることになった五つの家族の物語。本屋大賞受賞作家による、心温まる傑作小説。/【目次】第一章 おわりの家――美容室開業に選んだ家を「不幸の家」と言われた女性。/第二章 ままごとの家――不仲の夫、家でした娘、反抗的な息子、迷える妻。/第三章 さなぎの家――男に騙された女性と、幼い娘を抱えたシングルマザー。/第四章 夢喰いの家――不妊治療がうまくいかず、離婚届を書いた年の差夫婦。/第五章 しあわせの家――恋人が置いていった子供と、かつて父に捨てられた私。/エピローグ/解説=瀧井朝世

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
4月28日
言語
JA
日本語
ページ数
251
ページ
発行者
東京創元社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.5
MB

町田そのこの他のブック

2020年
2021年
2021年
2022年
2018年
2021年

カスタマーはこんな商品も購入

2013年
2017年
2012年
2016年
2015年
2014年