• ¥690

発行者による作品情報

家族だからさびしい。他人だからせつない──禁断の恋に悩む兄妹、他人の男ばかり好きになる末っ子、居場所を探す団塊世代の長兄と、いじめの過去から脱却できないその娘。厳格な父は戦争の傷痕を抱いて──平凡な家庭像を保ちながらも、突然訪れる残酷な破綻。性別、世代、価値観のちがう人間同士が、夜空の星々のようにそれぞれ瞬き、輝きながら「家」というひとつの舟に乗り、時の海を渡っていく。愛とは、家族とはなにか。03年直木賞受賞の、心ふるえる感動の物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2006
1月10日
言語
JA
日本語
ページ数
338
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2
MB

カスタマーレビュー

yoshi-yoshi15

なるほど

最初はどうなるかと思ったけど、
なるほど、好きな終わり方です。
最期は気持いいです。
妹、兄の其の後が気になりますが。。。苦笑

村山由佳の他のブック