• ¥610

発行者による作品情報

竜馬は、江戸で北辰一刀流の目録をとり土佐に帰ってきた。また半平太、以蔵も土佐に帰り、土佐の勤王は高まっていた。しかし竜馬を慕う池田寅之進の兄が、上士に因縁をつけられ刺殺、あだ討ちをした寅之進もその責任をとって自ら割腹した。そんな中、武市を党首として郷士らの土佐勤王党が誕生し、その中で武市は藩主、上士まで勤王にしようと語るが、竜馬はあまり乗り気ではなかった。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1990
3月5日
言語
JA
日本語
ページ数
226
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
70.4
MB

小山ゆう & 武田鉄矢の他のブック

このシリーズの他のブック