はじめての利他‪学‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

他者だけでなく、自分も利する「利他」の本質とは。

「利他」という言葉は「自分ではなく、他者のためにおこなうこと」だと捉えられがちだ。しかし、日本の起源から利他を見つめ直してみると、それとは全く異なる姿が見えてくる。空海の「自利利他」、孔子の「仁」、中江藤樹の「虚」、二宮尊徳の「誠の道」、エーリッヒ・フロムの「愛」……彼らは利他をどのようにとらえ、それをどう実践して生きたのか。彼らの考える利他は、現代とどう違うのか。「自分」があってこその利他のちからとは、どんなものなのか。日本を代表する批評家が、危機の時代における「自他のつながり」に迫る、日本初・利他の入門書。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2022年
4月25日
言語
JA
日本語
ページ数
120
ページ
発行者
NHK出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
3.6
MB

若松英輔の他のブック

2019年
2019年
2021年
2019年
2014年
2015年

カスタマーはこんな商品も購入

このシリーズの他のブック

2022年
2022年
2022年
2019年
2019年
2019年