• ¥320

発行者による作品情報

【編集部コメント】



忙しいビジネスパーソンでも10分程度で読み終えることができますのでオススメです。

感謝を題材にコミュニケーションとは何かを考察していく書籍です。

確かに読むだけで、大切なことをいくつか思い出し、コミュニケーションには良い影響がありそうです。

従来のコミュニケーションノウハウ本に物足りなさを感じる人にはオススメです。



まえがきより



世の中には、コミュニケーションのテクニックを記載した本は非常に多い。会話術と言ったり、傾聴と言ったり、リーダーシップという形を取る場合もあるだろう。そういった本を読んで、実際にコミュニケーション能力が向上しただろうか?多少の成長はあったかもしれないが、また、しばらくすると元に戻ってしまっていないだろうか?だから、あなたは何度も何度も、コミュニケーションの本を手に取っているのではないか?

もちろん、コミュニケーションのテクニックは有効だ。しかし、深層心理にあるコミュニケーションに適していない考え方を変えないと継続的には、コミュニケーション能力はあがらない。それは、スポーツ選手が小手先のテクニックばかりを練習し、フィジカルトレーニングを疎(おろそ)かにしているようなものだ。サッカーで言えば、90分間走れる体力がないのに、フェイントばかり練習しているようなものだ。

そういった意味で、本書は、少し変わった本だ。コミュニケーション能力を向上するには、こうしなさいということは言わない。

本書では、



こう考えなさい。



そのように提案する。

コミュニケーション能力が、もともと高い人というのは、その考え方を持っているから、テクニック的な部分… 以上まえがきより抜粋

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2014
8月28日
言語
JA
日本語
ページ数
10
ページ
発行者
まんがびと
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
694.2
KB

カスタマーレビュー

かめさんりっきー

よみやすい。

入門にはよい。

MBビジネス研究班の他のブック

このシリーズの他のブック