• ¥470

発行者による作品情報

お腹に棒がささった状態から生還した小夜子は、幽霊が見えるようになってしまった。バーに行ったら、カウンターの端に髪の長い女の人がいる。取り壊し寸前のアパートの前を通ると、二階の角部屋でにこにこしている細く小さい女の人がいる。喪った恋人。元通りにならない頭と体。戻ってこない自分の魂。それでも、小夜子は生き続ける。涙あふれる書き下ろし小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
9月25日
言語
JA
日本語
ページ数
104
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
725.8
KB

よしもとばななの他のブック