発行者による作品情報

昭和十九年七月の「思想」に発表後、「哲学論文集第六」に収められた論考。全集には十一巻に収録。「絶対矛盾的自己同一」を執筆後、自分の哲学のスタンスを明確に示すために、デカルト批判を主軸に西洋近代哲学について論じたもの。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1993年
12月19日
言語
JA
日本語
ページ数
33
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
24.8
KB

西田幾多郎の他のブック