発行者による作品情報

和辻哲郎(1889-1960)は大正、昭和時代の哲学者。兵庫県出身。東大教授。独自の倫理学体系を形成するとともに文化史家、思想史家としても多くの著作を残した。本書は『思想』昭和4年4月号に発表された論文「風土」の原稿である。所々に加筆訂正のあとが見えるが、和辻は草稿を準備せず「ぶっつけに決定稿を書く人」だったという。論文は後に改稿され単行本『風土―人間学的考察』(昭和10年刊)の第1章「風土の基礎理論」となった。布川角左衛門旧蔵。他に当館は和辻夫人より寄贈された手書き原稿、ノート類82点を所蔵する。(国立国会図書館デジタルコレクション解題より)

このブックは、国立国会図書館デジタルコレクションに掲載されてる書籍・資料で著作権の保護期間が満了している図書、古典籍です。電子書籍としてご覧頂くために画像加工や資料の統合をしています。

タイトルヨミ:フウド
著者標目:和辻哲郎, 1889-1960
著者ヨミ:ワツジテツロウ
出版者:製作者不明

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2015年
7月30日
言語
JA
日本語
ページ数
48
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
75.1
MB

和辻哲郎の他のブック