• ¥360

発行者による作品情報

うつになりやすい人は真面目で思慮深い人です。しかし、真面目な人ゆえに、「いい加減」、つまり、ちょうどいい具合に手を抜くことができず、何かと自分を追い詰め、結果として自分のことを価値のない存在だと考えてしまうのです。

このように、うつになる人は、特有の「うつになる考え方」をもっています。うつになったとき、薬で症状を抑えても、原因を取り除かなければ再発する可能性が残ります。だから、原因をつくる「考え方」を変えていくことが大切です。

本書は、医者である著者自身のうつ体験から見出した考え方を、日常でできる習慣のレベルに落とし込んだ著書『医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣』から、その基本的な「考え方」の部分だけを抜粋し、再編集したものです。

目次
はじめに
一、うつは薬では治せない
二、うつになる「考え方」を変える
三、考え方を変えるための習慣
【ミニッツブック版特別付録】 あとがきにかえて

【読了時間約 33分】

ジャンル
職業/技術
発売日
2013
7月29日
言語
JA
日本語
ページ数
35
ページ
発行者
ブックウォーカー
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.1
MB

カスタマーレビュー

山のきのこ

心に響きました

身内がうつで悩んでいました。でも、この本は自分の心に響きました。無理をしない生き方を学びました。

ぱとら

共感!

うつになってから毎日沢山の薬を飲んでいます。
薬を毎日毎年続けて思うことは本当にこれだけで治るのかな?という疑問。心の治療をしなければ、考え方を少しでいいから変えてみたりしなければ、ずっとこのままなんじゃないのかなと思っていた所この本に運良く出会う事ができ、やっばり!と共感。
同じくうつで苦しんでいる大切な友達、家族にも知らせてあげようと思います。オススメです!

宮島賢也の他のブック