発行者による作品情報

『五重塔』は明治・昭和期の日本の小説家である幸田露伴の中編小説である。この作品は底本の「日本の文学 1 坪内逍遙 二葉亭四迷 幸田露伴」では「小説」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1891
10月31日
言語
JA
日本語
ページ数
117
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
135.4
KB

カスタマーレビュー

ハレオ

エンジニア魂

実に気持ちの良い職人たちのストーリー。いくつものクライマックスでは露伴の痛快な七五調が冴え渡る。

幸田露伴の他のブック