代表的日本人 代表的日本人

代表的日本‪人‬

    • 3.8 • 5件の評価
    • ¥660
    • ¥660

発行者による作品情報

内村鑑三(一八六一―一九三〇)は、「代表的日本人」として西郷隆盛・上杉鷹山・二宮尊徳・中江藤樹・日蓮の五人をあげ、その生涯を叙述する。日清戦争の始まった一八九四年に書かれた本書は岡倉天心『茶の本』、新渡戸稲造『武士道』と共に、日本人が英語で日本の文化・思想を西欧社会に紹介した代表的な著作である。読みやすい新訳。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1995年
7月17日
言語
JA
日本語
ページ数
180
ページ
発行者
岩波書店
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.2
MB

内村鑑三 & 鈴木範久の他のブック

聖書の読方 聖書の読方
2003年
後世への最大遺物 後世への最大遺物
1894年
内村鑑三全集 内村鑑三全集
2015年
デンマルク国の話 デンマルク国の話
1910年
問答二三 問答二三
1986年
時事雑評二三 時事雑評二三
1986年

カスタマーはこんな商品も購入

ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則 ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則
2001年
ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版 ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版
2015年
Scratchで学ぶ プログラミングとアルゴリズムの基本 改訂第2版 Scratchで学ぶ プログラミングとアルゴリズムの基本 改訂第2版
2019年
「アルゴリズム」のキホン プログラミングの基礎となる「アルゴリズム」の手引き書 「アルゴリズム」のキホン プログラミングの基礎となる「アルゴリズム」の手引き書
2011年
創造と変革の志士たちへ 創造と変革の志士たちへ
2009年
志を育てる 増補改訂版―リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために 志を育てる 増補改訂版―リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために
2019年